Webマーケター資格7選おすすめの選び方

8期生
「Webマーケターになりたいので必要な資格を取りたい」
「たくさんWebマーケターに関する資格があるけど、何を取ればいいのかわからない」

Webマーケターの資格でお悩みの方に、SEO・アクセス解析・広告・Webマーケティング全般の4種類に分け、さらに厳選した7つの資格をわかりやすくご紹介します。
Webマーケターの資格選びに迷われている方には、ぜひ自分の目指す方向性を見つけて頂き、自分の目的に合った資格を選んで頂ければ幸いです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターの資格を取得するメリット

ノートパソコンを打つ手
Webマーケターの資格を取得することで、すぐに仕事が得られる、仕事ができるようになるわけではありません。しかし、Webマーケターの需要は拡大しており、未経験の方が目指す場合、知識があることをアピールできる材料となります。
また、資格取得を目指すことで、Webマーケティングの知識を体系的に学ぶことができ、業務をしていく中では非常に役立ちますのでおすすめです。

Webマーケターは売り手市場

2021年度のインターネット広告費が、初めてテレビメディア広告費を上回ったことが話題となりましたが、今後ますます成長していくことが予想されています。
ネット広告費、テレビなど4媒体合計初めて上回る 21年

即戦力のWebマーケター経験者を求める企業が多いのは事実ですが、まだまだ人材が少ない状況です。Webマーケティング市場が急激に伸びを見せる中、対応できる体制を急いで整えなくてはならず、第二新卒や未経験者募集という企業も増えてきています。

未経験でも目指せる

Webマーケターという職種に成長と将来性を感じ、目指されている未経験の方には、売り手市場という現状はとても良い環境だといえます。ただし、やる気だけでは、残念ながら…というケースもあるので、ご自身の実務経験だけでなく、Webマーケティングに関連した能力やスキルを身に付けて行くことが大切です。

資格の取得はアピールにつながる

Webマーケターに関する資格を取得しておけば、未経験でもWebマーケティングに関する知識があることは証明されます。実務経験があった場合でも資格を取得していると、スキルを客観的にアピールできますので、取得していて損はありません。
Webマーケターになりたいという本気度も感じて頂けると思いますし、転職を有利に運べる場合もあります。

資格勉強でWebマーケティングを体系的に学べる

Webマーケターの資格は、種類や難易度も含めて様々ですが、全体を通して言えるのは、資格勉強をしながら理解を深めWebマーケティングを体系的に学べる点です。専門用語やWeb全般に関する知識だけでなく、戦略立案、分析に関するやり方も学べますので、実務を行っていく上で非常に役立ちます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケター資格おすすめの選び方

パソコンを見て考える女性
Webマーケターの資格はたくさんあります。数ある中から、自分がWebマーケターとしてやってみたい、やりたいと思っている業務と合致した資格を選ぶことがおすすめです。

Webマーケターの資格は4種類

Webマーケターの資格は大きく4種類に分類されます。

1.SEOに関する資格

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化のことです。Googleの検索結果で上位表示させるため、コンテンツの最適化を行い、施策を打つことをSEO対策と呼びます。
日本では、Googleの利用率が95%と、圧倒的シェアを占めています。Googleの検索結果が企業の認知度や動向を示すと言っても過言ではありません。Webマーケティングの市場でも避けては通れない施策ですので、学ぶことを強くおすすめします。

2.アクセス解析・統計に関する資格

Webマーケターとして業務を行う上で、ユーザーの行動データから、分析、改善点の洗い出し、施策を打つというフローは必須です。データを的確に捉え、改善策を提案できるようになることは、非常に強みとなりますので、特におすすめします。
アクセス解析ツールの中でも「Googleアナリティクス」が多くの企業で採用されており、「Googleアナリティクス」の使い方を学ベる資格が多いので、実務的な学習ができます。

3.広告に関する資格

検索連動型広告やディスプレイ広告、動画広告やアプリ広告等、オンライン広告運用のエキスパートを目指す資格です。この資格を取得することは、オンライン広告に関する必要な知識を持っており、オンライン広告の最適化、戦略を理解していると解釈されます。
運用面のスペシャリストになりたいのであれば、ぜひ学習しましょう。

4.Webマーケティング全般に関する資格

文字通り、Webマーケティング全般にわたって、幅広く知識を問われる資格となりますので、基礎から学びたいという方にはおすすめです。
業種・業界にとらわれることなく、基本的なマーケティングに関する理論や知識を習得できる資格もあれば、Webマーケティングに関する実用的な知識全般を得られる資格もあります。

ゴールを明確にして受験資格を選択しよう

Webマーケターの資格を通して、自分は何のスキルを身に付け、強みとし、どのように活躍していくのかをイメージすること、ゴール(目的)を明確にすることは、後々の転職活動に役立ちます。
学生時代とは違い、就業している中での資格勉強は簡単ではありません。疲れも出てくる中で「大事な時間を使って自分は何をしているのか?」と不安に陥ることもあるでしょう。
しかしながら、目的を明確にして、ゴールを設定することによって、揺らぎなく邁進できると思いますし、学んだことは必ず活かされる時がやってきます。本記事が、頑張る方へのエールとなれば幸いです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターにおすすめの資格7選

SKILLSと書かれた黒板Word skills written on a chalkboard

Webマーケターの資格はたくさんありますが、厳選したおすすめの資格を7つ、種類ごとに紹介します。

1.SEOに関する資格

SEO検定

SEO検定
SEO検定とは、SEOの基礎からSEO対策に必要な知識やスキルが身に付いていることを証明するための資格です。一般社団法人全日本SEO協会が主催している検定試験で、1級から4級に分かれています。

  • 4級:SEOに関する基礎知識と全体像の理解
  • 3級:目標キーワードの設定とサイト改善内部技術の習得
  • 2級:コンテンツSEOとソーシャルメディア活用の実務を習得
  • 1級:モバイルSEO・集客のノウハウを学習、企業サイトのSEO担当者レベル
勉強方法 各級、公式テキストで学習
受験料 4級 5,000円、3級 5,000円、2級 6,000円、1級 8,000円
試験形態 東京・大阪・京都・愛知・福岡・広島・宮城・石川・北海道・沖縄
全国10か所で開催
試験時間 60分
出題形式 選択式問題 80問(80%以上の得点で合格)
合格率 全級平均70%
公式サイト SEO検定

認定SEOコンサルタント

認定SEOコンサルタントとは、SEO検定を4級から1級まですべて取得し、卒業課題の提出と試験に合格すると認定を受けることができます。一般社団法人全日本SEO協会が主催しており、さらにコンサルティング能力を身に付けたいという方向けの資格です。

勉強方法 認定SEOコンサルタント養成スクールが主催する「SEOコンサルティング学習カリキュラム」を受講
受講料 150,000円
試験形態 通学コース(東京・大阪)、ダウンロード学習コース
試験時間 毎月1回(4時間授業)を3か月間受講
出題形式
合格率
公式サイト 認定SEOコンサルタント

2.アクセス解析・統計に関する資格

ウェブ解析士

Web解析士
ウェブ解析士とは、Web解析及びWebマーケティングの知識が身に付けられる資格で、企業の担当者と同等レベルの実用的な資格です。
一般社団法人ウェブ解析士協会が主催しており、ウェブ解析士を取得した後に、企業の戦略立案やコンサルティングスキルを習得する上級ウェブ解析士という資格もあります。

勉強方法 公式テキスト、通信講座等で学習
受験料 17,600円
試験形態 オンライン
試験時間 60分
出題形式 4択問題 60問、合格後に認定レポートを作成・提出
合格率 70%
公式サイト ウェブ解析士

GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)

GAIQ
GAIQとは、アクセス解析ツールであるGoogleアナリティクスの仕組みや機能を学び、目標や目的に合わせた適切な運用スキルを身に付けることができる資格です。Googleが公式に認定している資格となり、無料です。Googleアナリティクスを使用している企業は多数ありますので、今のうちから学び、取得しましょう。

勉強方法 Googleアナリティクスアカデミーの該当コースを全て動画視聴
受験料 無料
試験形態 オンライン
試験時間 80分
出題形式 4択問題 70問
合格率 80%以上
公式サイト GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)

3.広告に関する資格

Google広告認定資格

Google広告認定資格
Google広告認定資格とは、Googleが公式に公開している6種類の広告について、基礎知識から高度な運用スキルがあることを証明している資格です。

  • 検索広告認定資格
  • ディスプレイ広告認定資格
  • 動画広告認定資格
  • ショッピング広告認定資格
  • アプリ広告認定資格
  • 広告測定認定資格

いずれもGoogleが公式に認定している資格であり、取得後は広告のプロフェッショナルとして、専門的な知識やスキルを有していることが証明されます。

勉強方法 Googleスキルショップにて該当科目を動画視聴
受験料 無料
試験形態 オンライン
試験時間 75分
出題形式 各科目 約50問ずつ(80%以上の得点で合格)
合格率
公式サイト Google広告認定資格

4.Webマーケティング全般に関する資格

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定
マーケティング・ビジネス実務検定とは、特定の業種・業界にとらわれず、マーケティング全般に関する知識や理論を学び、その習学度が総合的に判断される資格です。
国際実務マーケティング協会が主催しており、難易度順にC級からA級までの3種類に分かれています。Webマーケターに特化した資格ではありませんが、「そもそもマーケティングとは?」というスタートラインにいる方にはおすすめの資格です。

勉強方法 公式テキスト、通信講座等で学習
受験料 C級 6,270円、B級 7,480円、A級 12,760円
試験形態 B級・C級はオンライン、A級は東京・大阪・愛知の3会場
試験時間 C級 105分、B級 150分、A級 190分
出題形式 いずれの級もマーケティング知識・事例に分けて選択式で出題されます
A級は記述式で回答を求める問題もあります
合格基準は、C級 80%以上、B級 70%以上、A級は都度変わります
合格率 約70%
公式サイト マーケティング・ビジネス実務検定

IMA検定

IMA検定(Internet Marketing Analyst)
IMA検定もWebマーケティング全般を学べる資格ではありますが、主にリスティング広告の領域を学ぶにはふさわしい資格といえます。
全国の印刷会社や広告代理店が70社以上集まって創設されたクラウドマネージメント協会が主催していますので、転職希望先が合致している方にはおすすめです。
実践スキルを身に付けるStandardコースを取得したあとは、Professionalコースへ進み、リスティング広告以外の広告媒体に関するノウハウを習得することもできます。

勉強方法 eラーニング+公式テキストで学習
eラーニングの講義を11回受講した後、課題添削が1回あります
※課題添削結果は試験に加点されます
受験料 19,800円
試験形態 オンライン
試験時間 150分
出題形式 記述式、文章問題もあります(約70%以上の得点で合格)
合格率
公式サイト IMA検定

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターの資格はすぐに活かせる?

デスクで考え事をする女性
Webマーケターの資格を取得しただけで、すぐにWebマーケターとして活躍できるわけではありません。Webマーケターに必要な能力、スキルは他にもありますので、今のうちにぜひ伸ばしていきましょう。

Webマーケターに必要な能力

Webマーケターとして仕事をしていく上で、必要な能力は3つです。

  • 論理的思考力
  • コミュニケーション力
  • 情報収集力

論理的思考力は、Webマーケターには必須のスキルです。数字やデータと向き合い、事象を論理的に捉え、仮説を立てたり、あらゆる施策を考えていく上では、欠かせない能力です。
コミュニケーション力は、いかなる仕事においても必要な能力ですが、マーケティングの部門は様々な部署の方を巻き込んでの業務となります。円滑に物事を進めて行く上では重要な能力です。
そして、変化の激しいWebの世界、マーケティングという分野自体もトレンドの波があります。常にアンテナを張り巡らせ、新しい情報をすぐにキャッチアップできるよう情報収集力を磨いていきましょう。

Webマーケターに必要なスキル

Webマーケターに必要なスキルは、次の3つです。

  • サイト構築に関するスキル
  • データの収集・分析スキル
  • Web広告・SNS運用の知識とスキル

サイト構築に関するスキルは、複雑なことがわからなくても、最低限、HTMLやCSS、Javascript等の知識があるだけで十分役立ちます。Progateや書籍等で知識を得るようにしましょう。
データの収集・分析スキルは、関連する資格勉強をする中で、十分得られるスキルですので、ぜひトライして下さい。
Web広告・SNS運用の知識とスキルも、資格勉強をしていくうちに身に付くと思います。さらに、Web広告代理店が発信している記事やSNS等で情報収集していきましょう。

未経験でWebマーケターを目指すなら

Webマーケターの資格について述べて来ましたが、資格を取得するだけでは、すぐに仕事ができるわけではありません。未経験の方には、資格取得と合わせて、Webマーケター養成スクールに通われることをおすすめします。
実は、私も未経験からWebマーケターになりたいと考え、Webマーケティングスクールに飛び込みました。オンラインで授業を受けつつ、Web解析士やGAIQの資格も取得しましたが、学んでいることすべてがリンクしています。また、現役のWebマーケターが講師をされているスクールなので、現場でのお話を聞いていると実務イメージが湧いてきます。
未経験からWebマーケターを本気で目指す方に、本当におすすめの方法ですので、ぜひ検討して頂ければ幸いです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターを目指せるスクール

シェアオフィスで商談する人
Webマーケターを目指せるスクールはたくさんありますが、数ある中から厳選して、3つのWebマーケティングスクールを紹介します。

Webマーケティングスクールの選び方

Webマーケティングスクールの選び方ですが、何を専門とするWebマーケターになりたいのかを考え、自分の目的に合ったところを選べば無駄がありません。受講料がかかりますので慎重に、しかしながら、自分のゴールを楽しく思い描きつつ、ご検討下さい。

Webマーケティングスクールの紹介

目的に合わせて、Webマーケティングスクール3つを紹介します。

1.WEBMARKS:SEOに特化したスクール

WEBMARKS
WEBMARKSは、SEOに特化したWebマーケターを育成する、オンラインのWebマーケティングスクールです。現役のWebマーケターが講師をされています。私も受講していますが、様々な関連学習だけでなく、具体的な現場での業務内容、遂行していく上での着眼点や注意点も教えて頂けるので成長感が得られます。
転職のサポートコースもありますので、Webマーケターへの道をWEBMARKSで踏み出されることをおすすめします。
WEBMARKS公式サイトはこちら

2.デジプロ:広告に特化したスクール

デジプロ
デジプロでは、Web広告の現場で実際に使われるプロダクト全体を学ぶことができます。実践型の授業で広告運用のスキルがマスターできます。東京・大阪・福岡等での教室開催とオンラインから選ぶことができ、現役Webマーケターが講師兼パーソナルトレーナーとなるので、疑問点をすぐに解消しながら学習できる環境です。
デジプロ公式サイトはこちら

3.インターネット・アカデミー:全般を学べるスクール

インターネットアカデミー
インターネット・アカデミーは、プログラミング、Webデザイン、マーケティングが全般的に学べるスクールです。
好きな講座を組み合わせて学ぶこともできるので、Webに関する内容を総合的に学びたいという方に向いています。ただし、全体を網羅した学習には時間がかかりますので、計画を立ててから挑戦したほうが良いでしょう。
インターネット・アカデミー公式サイトはこちら

コンテンツマーケティングはおすすめ

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに価値のあるコンテンツを制作・発信することで、商品や企業のファンになって頂き、収益を上げていくというマーケティング手法です。
現在は、ただ広告を出せばいいという時代ではなく、潜在ニーズも追求しながら、ユーザーとの関係性を構築していく時代です。実現するためにはコンテンツマーケティングが不可欠な存在となっています。
いま、私もWEBMARKSでコンテンツマーケティングを学んでいますが、ぜひ皆さんもWebマーケターを目指す過程で学習されることをおすすめします。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

この記事を書いた人
伊藤 ようこ
伊藤 ようこ
2010年にフリーランスとして開業。以来10年以上、主に中小企業のサイトを中心にWEB制作に携わる。制作を通し、SEOとマーケティングの重要性を痛感し、WEBMARKS『オンラインWebマーケター育成プログラム』第2期生に。
このライターの記事を見る
TOP