Webマーケターにおすすめの資格13選!習得スキル別に紹介

8期生
「Webマーケターに必要なスキルって何?」
「どんな資格を取っておけば良いの?」

そんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
ビジネスにデジタルを活用することが当たり前となっている昨今、Webマーケティングの需要はますます高まっています。それに伴い、Webマーケターを目指す人も増えてきました。
この記事では、Webマーケターを目指す方やマーケティングの知識を必要としている方に、資格の必要性やおすすめの資格を、習得すべきスキル別にわかりやすく解説いたします。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターに資格は必要?

SKILLSと書かれた黒板
Webマーケターとして実務に携わるときは、マーケティングの基礎知識や業務の関連知識は必須ですが、はたして資格も必要なのでしょうか?答えは「No」です。
しかし、資格取得に向けて勉強することは、Webマーケターとして必要なスキルを身につける上で有効な手段となります。また資格を保有していることは、一定のスキルを持っていることの証明にもなります。
Webマーケティング関連資格は数多くあるため、それぞれの資格で得られるスキルについて知り、自分に必要なものを選んで資格の勉強を始めることが大切です。

Webマーケティング関連資格で習得できるスキル

数多くあるWebマーケティング関連資格ですが、習得できるスキルは大きく分けて3つあります。

  1. マーケティング全般に関するスキル
  2. アクセス解析・統計に関するスキル
  3. 広告・SEMに関するスキル

ひとつずつ解説していきます。

マーケティング全般に関するスキル

マーケティングには専門用語がたくさんあります。まずはマーケティングに関する基礎知識や専門用語の意味を理解し、しっかりとインプットすることがマーケティングの基礎力を固める第一歩となります。
またマーケティング全般に関する知識は、Web業界だけにとどまらずどの業界や業種においても役に立ちます。マーケティング全般に関するスキルをおさえてから、その上で発展的な知識や、自分のスキルアップしたい分野の知識を深掘りしていくのもおすすめです。
こんな人におすすめ

  • これからマーケティングの勉強を始めたい方
  • マーケティングの基礎をしっかり身につけたい方

アクセス解析・統計に関するスキル

アクセス解析・統計に関するスキルとは、膨大なデータを分析し、企業や組織が抱える課題を解決する力のことです。データや数値から現状の課題点を見つけ、改善点を導き出すために必要なスキルになります。
こんな人におすすめ

  • データを読み解く力を身につけたい
  • Google Analyticsなどのアクセス解析ツールの使い方を知りたい

広告・SEMに関するスキル

SEMとはSearch Engine Marketing(検索マーケティング)の略で、検索エンジンを経由してWebサイトに集客し、自社の売上や成果につなげるWebマーケティング手法のひとつです。
一方、Webを活用した広告は、リスティング広告やディスプレイ広告などさまざまな種類があります。それぞれの特徴を理解し、目的に合わせて活用する広告を選ぶ必要があります。
集客に直結する広告・SEMは、目的や状況に応じて適切な施策を打ち出せるかが重要となります。そのためには、広告・SEMに関するスキルをしっかり習得しておく必要があります。
こんな人におすすめ

  • Web集客の施策について学びたい
  • 検索エンジンで上位表示する方法を知りたい

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターにおすすめの資格4選【マーケティング全般】

パソコンでWebマーケティングをする男性
Webマーケティング全般のスキルを習得できるおすすめの資格は以下の4つです。

  1. ネットマーケティング検定
  2. マーケティング・ビジネス実務検定
  3. IMA検定(Internet Marketing Analyst)
  4. Web検定(Webディレクター)

それぞれの資格についてくわしく紹介していきます。

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定
「ネットマーケティング検定」は、インターネット・マーケティング全般の基礎知識を習得できます。インターネットの特性を理解し、状況に応じて効果的なマーケティング手法を選択できる人材の育成を目的としています。
インターネットを活用したビジネスを展開する上で必要となる考え方や方法論についての理解を深めることができます。

主催団体 株式会社サーティファイ
受検料 6,000円(税込)
受検資格 なし
試験時間 80分
受検方法 全国一斉試験 リモートWebテスト
団体受験 筆記試験またはリモートWebテスト
問題数 40問(基本問題30問+事例問題10問)
問題形式 択一選択式(4択)
受検日 全国一斉試験 年1回
団体受験 随時
合格基準 得点率70%以上
学習期間目安 15時間程度

「ネットマーケティング検定」公式サイトはこちら

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定
特定の業種・業界にとらわれず、幅広い共通のマーケティング知識を習得できます。マーケティング理論だけでなく、仕事ですぐに役立つ全般的なマーケティング実務知識や時事情報・実務事例を学ぶことができます。
検定では、実際の業務で発生する場面を細かく想定し、オペレーションレベルのC級・B級、マネジメント・戦略レベルのA級の3つのレベルに分類されています。

主催団体 国際実務マーケティング協会
受検料 A級 11,600円(税抜)
B級 6,800円(税抜)
C級 5,700円(税抜)
受検資格 なし
試験時間 A級 計3時間10分(1時間30分・1時間40分)
B級 計2時間45分(1時間45分・1時間)
C級 計2時間15分(1時間30分・45分)
受検方法 Web受験
問題数 A級 「マーケティング知識」45問、「マーケティング事例」25問+ケーススタディ
B級 「マーケティング知識」50問、「マーケティング事例」20問
C級 「マーケティング知識」50問、「マーケティング事例」22問
問題形式 A級 正誤式、穴埋式、記述式など
B級 正誤式、選択式、四答択一式など
C級 正誤式、選択式、三答択一式など
受検日 年4回
合格基準 A級 2科目合計点(300点)の各回、試験委員長が定める点
B級 2科目合計点(300点)の70%(210点)を基準として、試験委員長が定める点
C級 2科目合計点(200点)の80%(160点)を基準として、試験委員長が定める点
学習期間目安 A級 100時間程度
B級 60時間程度
C級 50~60時間程度

「マーケティング・ビジネス実務検定」公式サイトはこちら

IMA検定(Internet Marketing Analyst)

IMA検定(Internet Marketing Analyst)
IMA検定は、「Standard」「Professional」の2つのコースがあり、試験以外に全11回の動画を観ながらマニュアルに沿って学習を進めていきます。
自らインターネット集客を行い、その結果をGoogle Analyticsを用いてアクセス解析し、改善策をレポート作成・実行をしていきます。
動画視聴や課題作成などの資格取得までをオンライン上で完結できるため、自分のペースで学習をすすめることができます。

主催団体 クラウドマネージメント協会
受検料 Standardコース 18,000円(税別)
Professionalコース 25,000円(税別)
受検資格 Standardコース なし
Professionalコース Standardを合格した方
試験時間 Standardコース 2時間30分
Professionalコース 非公開
受検方法 Webテスト形式
※Eラーニング・レポート演習修了後Webテストを実施
問題数 非公開
問題形式 非公開
受検日 随時
合格基準 非公開
学習期間目安 約30~40時間程度

「IMA検定」公式サイトはこちら

Web検定(Webディレクター)

Web検定(Webディレクター)
Webマーケターとしての論理的思考力やWebディレクションスキルの習得を目的とした試験です。実務で役立つWebリテラシーを身につけられます。
Web全体のプロジェクトを管理するマネージャーや、メンバーをまとめるディレクターを目指す方におすすめの資格です。

主催団体 社団法人全日本能率連盟登録資格Web検定
受検料 10,000円(税抜)
受検資格 なし
試験時間 90分
受検方法 CBT方式
問題数 65問
問題形式 非公開
受検日 随時
合格基準 正解率70%以上
学習期間目安 約30~40時間程度

「Web検定(Webディレクター)」公式サイトはこちら

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターにおすすめの資格5選【アクセス解析・統計】

シェアオフィスの一角で仕事をする女性
アクセス解析・統計のスキルを習得できるおすすめの資格は以下の5つです。

  1. Webアナリスト検定
  2. ウェブ解析士
  3. 統計士・データ解析士
  4. 統計検定
  5. Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

それぞれの資格についてくわしく紹介していきます。

Webアナリスト検定

Webアナリスト検定
Webアナリスト検定では、Google Analyticsをはじめとする分析ツールを用いたアクセス解析や市場動向、トレンドなどのマーケティング情報の分析・改善・提案方法を習得できます。5時間1日完結型の講座(別途要申込)もあります。
講座では、実際にGoogle Analyticsの画面を見ながら先生が解説を行うことにより、分析ツールに不慣れな人も実際の手順がイメージしやすく、実践でも役に立つことを想定して作られた内容となっています。

主催団体 日本Web協会
受検料 17,600円(税込)
受検資格 なし
試験時間 80分
受検方法 CBT形式
問題数 70問
問題形式 4択問題
受検日 毎月開催
合格基準 各分野40%以上かつトータル75%以上
学習期間目安 約20~30時間程度

「Webアナリスト検定」公式サイトはこちら

ウェブ解析士

ウェブ解析士
Webのアクセス解析やデータ分析などの知識を習得できる資格です。またデジタルマーケティングを体系的に学ぶことができ、実践に活かせることを前提にカリキュラムが組まれています。試験のほかに、1日完結型のオンライン講座(別途要申込)も実施しています。

主催団体 ウェブ解析士協会
受検料 17,600円(税込)
受検資格 なし
試験時間 60分
受検方法 インターネット環境のPC
問題数 60問
問題形式 4択問題
※試験合格後2週間以内に認定レポートを提出
受検日 毎月開催
合格基準 70%以上
学習期間目安 ウェブ業界経験者 15〜30時間程度
ウェブ業界未経験者 40~60時間程度

「ウェブ解析士」公式サイトはこちら

統計士・データ解析士

統計士・データ解析士
データに基づいて客観的に判断し、科学的に問題を解決するスキルを習得できる資格です。統計士は「現代統計実務講座」、データ解析士は「多変量解析実務講座」に対応しており、文部科学省認定の通信講座を修了することで資格取得できます。

主催団体 一般財団法人実務教育研究所
受検料 統計士(現代統計実務講座)
入学金:5,000円(税込)
受講料:54,800円(税込)
データ解析士(多変量解析実務講座)
入学金:5,000円(税込)
受講料:49,500円(税込)
受検資格 なし
試験時間 非公開
受検方法 統計士(現代統計実務講座)
テキストを元に通信講座を受講し、8単元の報告課題を毎 月提出し、すべて合格した後に終末試験を受け合格する必要がある。
データ解析士(多変量解析実務講座)
テキストを元に通信講座を受講し、4単元の報告 課題を毎月提出し、すべて合格した後に修了報告課題を提出し合格する必要がある。
問題数 非公開
問題形式 非公開
受検日 随時
合格基準 非公開
学習期間目安 統計士(現代統計実務講座) 約8ヶ月
データ解析士(多変量解析実務講座) 約4ヶ月

「統計士・データ解析士」公式サイトはこちら

統計検定

統計検定
統計検定は、統計に関する知識や活用力を評価する検定です。抽出されたデータに基づいて分析をし、仮説を立て、意思決定を行うデータ分析力を習得できます。
統計検定は、4級、3級、2級、準1級、1級があります。基本的なリテラシーを学ぶものから、統計数理やデータサイエンス基礎など専門分野に特化したカリキュラムまで幅広く対応しています。

主催団体 一般財団法人 統計質保証推進協会
受検料 1級  6,000円(税込)
準1級 8,000円(税込)
2級  5,000円(税込)
3級  4,000円(税込)
4級  3,000円(税込)
受検資格 なし
試験時間 1級   2種類各90分
準1級  120分
2級    90分
4級・3級 60分
受検方法 CBT形式・ペーパー試験
問題数 準1級・1級 非公開
2級     35問程度
4級・3級  30問程度
問題形式 1級   論述式
準1級  4~5肢選択問題(マークシート)、部分記述問題、論述問題
4~2級 4~5肢選択問題(マークシート)
受検日 ペーパー試験 年2回
CBT方式   随時
合格基準 準1級・1級 非公開
4級~2級  正答率70%以上
学習期間目安 準1級・1級 80~100時間程度
2級     50~80時間程度
4・3級   20~30時間程度

「統計検定」公式サイトはこちら

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)は、アクセス解析ツールであるGoogle Analyticsの機能を理解し、使い方を習得できます。
Googleで公開されている「Googleアナリティクス初心者向けコース」「Googleアナリティクス上級者向けコース」の2つのアカデミーコースを受講することで知識を深めることができます。アカデミーコースおよび試験は、インターネット上で無料で受けられます。

主催団体 Google
受検料 無料
受検資格 なし
試験時間 90分
受検方法 Webテスト
問題数 70問
問題形式 選択問題
受検日 随時
合格基準 正解率80%以上
学習期間目安 10~20時間程度

「Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)」公式サイトはこちら

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターにおすすめの資格4選【広告・SEM】

本とノート
広告やSEMに必要なスキルを習得できるおすすめの資格は以下の4つです。

  1. Google広告認定資格
  2. Yahoo!広告認定資格
  3. Meta認定デジタルマーケティングアソシエイト
  4. SEO検定

それぞれの資格についてくわしく紹介していきます。

Google広告認定資格

Google広告認定資格
広告に関する知識や、理解力を習得することができるGoogle認定資格です。広告の種類ごとに「検索」、「ディスプレイ」、「ショッピング」、「動画」、「アプリ」、「測定」の6つの認定資格があります。
またこれらは、GAIQ同様、インターネット上で無料で受験できます。

主催団体 Google
受検料 無料
受検資格 なし
試験時間 75分
受検方法 Webテスト
問題数 50問前後
問題形式 選択問題
受検日 随時
合格基準 正解率80%以上
学習期間目安 20~30時間程度(全セクション)

「Google広告認定資格」公式サイトはこちら

Yahoo!広告認定資格

Yahoo!広告認定資格
広告運用ノウハウや広告管理ツールの知識を体系的に学ぶことができます。認定資格は「Yahoo!広告ベーシック」「Yahoo!広告検索広告アドバンスト」「Yahoo!広告ディスプレイ広告アドバンスト」の3つがあります。
学習コンテンツ、認定試験ともに無料で受講できます。

主催団体 Yahoo!
受検料 無料
受検資格 なし
試験時間 非公開
受検方法 Webテスト
問題数 非公開
問題形式 非公開
受検日 随時
合格基準 非公開
学習期間目安 20~30時間程度

「Yahoo!広告認定資格」公式サイトはこちら

Meta認定デジタルマーケティングアソシエイト

Meta認定デジタルマーケティングアソシエイト
Meta製品を使用したデジタルマーケティングのさまざまな分野についての専門知識を深めたい人におすすめの資格です。Facebook、Messenger、Instagramの広告の作成や管理、広告レポートの作成や分析などの基礎的なスキルを習得できます。
資格対策にもなるオンライン講座を無料で受講できます。

主催団体 Meta
受検料 最大99米ドル相当(国によって変動の可能性有)
受検資格 なし
試験時間 90分
受検方法 オンラインまたはテストセンター
問題数 非公開
問題形式 非公開
受検日 随時
合格基準 700点以上
学習期間目安

「Meta認定デジタルマーケティングアソシエイト」公式サイトはこちら

SEO検定

SEO検定
Googleをはじめとした検索エンジンでの検索上位表示を目指す「検索エンジン最適化」のスキルを習得できる資格です。
SEO検定には「4級」「3級」「2級」「1級」があり、SEOに関する全般的な知識から、検索エンジンに高く評価されるコンテンツの作り方など実践的なSEO対策の手法を学ぶことができます。独学での勉強が不安な方はビデオ講座の受講もできます。

主催団体 一般社団法人全日本SEO協会
受検料 4・3級 5,000円(税別)
2級   6,000円(税別)
1級  8,000円(税別)
受検資格 なし
試験時間 60分
受検方法 全国10か所の試験会場
問題数 80問
問題形式 選択式
受検日 試験会場による
合格基準 80%以上
学習期間目安 4級 10時間程度
3級 10~20時間程度
2級 10~20時間程度
1級 20~30時間程度

「SEO検定」公式サイトはこちら

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターが資格を取得するメリット

Webマーケターが資格を取得するメリットは主に以下の4つです。

  1. 自身のスキルの証明になる
  2. スキルアップやキャリアアップにつながる
  3. 転職に有利に働く可能性がある
  4. クライアントからの信頼を得られる

それぞれのメリットについて解説していきます。

自身のスキルの証明になる

資格は、その知識や技術を持っているというスキルの証明になります。また資格取得のために目標を立て、ひたむきに努力をすることは自信にもつながり、向上心や成長意欲を育むこともできます。
ただ注意点としては、むやみに資格を取得するのではなく、自分が目指す目標に必要な資格かどうかを見極めて選ぶことが大切です。

スキルアップやキャリアアップにつながる

自身の可能性を広げたり、キャリアを強化するために資格を取得することも良いでしょう。自分が将来どうなりたいのか目標を定め、その目標を達成するために必要な資格を見つけ、そこに向けて努力することで、結果、昇進やキャリアアップにつながることもあります。

転職に有利に働く可能性がある

Webマーケターを目指す人にとって、資格取得は必須ではないものの、事前に資格を取得しておくことで転職に有利に働くケースもあります。その理由は2つあります。
1つめは、スキルを身につけていることをアピールできる点です。特に未経験の場合は、ポテンシャル採用となり、経験やスキルが足りない分、その人が持っている資質や可能性を重視して採用することです。
その際に企業が必要としているスキルを含むWebマーケティング関連資格を取得していることで、そのスキルを持っていることを企業にアピールできます。
2つめは、資格取得を目指し、合格するに至った努力も評価されやすい点です。書類選考や面接の場において、「この人は目標に向かってしっかりと努力ができる人なんだ」と企業側に良い印象を与えやすくなります。

クライアントからの信頼を得られる

資格の難易度や専門性の高さにもよりますが、資格を取得することで、クライアントから一定の信頼を得ることができます。特に未経験の方や実績が浅い場合、クライアントからは「本当にこの人に依頼して大丈夫だろうか?」と不安視されることも少なくありません。
しかし、資格を保有していることを名刺に記載したり、自身のサイトに掲載することで、信頼や評価を得やすくなります。資格取得によって、クライアントに安心して業務を任せてもらえたり、円滑に業務を遂行しやすくなるというメリットもあります。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターに資格は必須ではないがスキル習得の有効な手段になる

Webマーケターにおすすめの資格13選を習得できるスキル別に紹介しましたが、いかがでしたか?Webマーケターに資格は絶対に必要なものではありませんが、Webマーケティングスキルを持っていることの証明や転職時の有効活用などさまざまなメリットもあります。
資格はあくまでも知識やスキルを習得する手段のひとつです。Webマーケティング関連資格の取得を目指す際は、自分で目標やゴールを設定し、達成するために必要な資格は何かを考えて、じっくり取り組んでみてくださいね。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

この記事を書いた人
伊藤 ようこ
伊藤 ようこ
2010年にフリーランスとして開業。以来10年以上、主に中小企業のサイトを中心にWEB制作に携わる。制作を通し、SEOとマーケティングの重要性を痛感し、WEBMARKS『オンラインWebマーケター育成プログラム』第2期生に。
このライターの記事を見る
TOP